2013年11月13日水曜日

上司の言葉

「仕事に対する文句は誰でも言える」とは、前職の上司の言葉。

理不尽だということはわかる、でも文句を言う次元よりもっと先をいけ!というメッセージだったと受け止めました。

とても響く言葉です。

ついつい小さな不満がたまると文句を言いがちですが、都度少し立ち止まってもいいのかなと思える言葉でした。

大切な言葉は結構身近なところで見つかるものですね。

2013年11月8日金曜日

読み方

先日、「家計全体も考えないといけないけど自分で稼いだお金だし、人生一度きりだし、憧れの国に子供と行きたい。だから情報収集ばかりしている。(今すぐ行けるだけのお金はないので)どうすればお得に行けるだろうか。」という内容のことをつぶやきました。

すると、いろんな方からコメントをいただいたのですが、皆それぞれのとらえ方で面白い面白い。


・「どうすればお得に飛行機の予約ができるのか」をレスしてくれた人
・子供時代の気持ちを思い出し子供側の視点で、「外国は子供が大きくなってから行く方が良い」とレスしてくれた人
・ただでさえ忙しいのに少ない休日を無理して予定を埋める必要はないとレスしてくれた人
・(私が子供と二人で旅行するととらえて)自宅に残される側の気持ちを経験談を交えて綴り、「家族で話し合って全員が納得できる結果にすべし」とレスしてくれた人
・まったくもって同感、人生は一度きりだし行けるときに行きたいところに行く方が良いとレスしてくれた人
・この流れを見て「論点が変わってしまっていること」を指摘しつつ、夢は大きな方がいいと斬新なアイデアを提供してくれた人


本当にいろいろでした。
ここで感じたのは、一生懸命レスしてくれる方の気持ち・それぞれの背景を踏まえてどこにポイントを置いて読んでいるのかという点・言葉の意味のとらえ方の違い・表出する言葉だけをとらえるか否かという点でした。

つぶやいた本人(私)としては、「行ってみたい国がある。後悔しないように一生のうちに一度は行ってみたい。でも行けるだけのお金は今はない。だから貯金しつつできるだけお得に近い将来子供も夫もつれて家族で行きたい。どうすればいいだろうか?」という真意だったのですが、他の人が見たらこう見えるんだなと勉強になりました。

やっぱり、とらえ方は個性ですね!