2013年4月6日土曜日

短所の書き方?

私が関わっている学生さんへのキャリアカウンセリングの現場では、エントリーシートの添削ラッシュは一段落し(もちろん継続してその手の相談はありますが、ラッシュとしては一段落)最近は面接対策ラッシュです。

エントリーシートは今年もほんっとにたくさん見せていただきました!

そのエントリーシートの添削をしていて最近どうも疑問に思うことが。それは…

短所の書き方。

もう、「書き方」ってハウツーな時点でなんか違うような気もしますがね(^_^;)

以前は別のコラムか何かにも「裏を返せば長所とも取れるものを」と書いたことがあります。そのときはそう思っていましたし、あからさまに直球で「私はこれができませんから」と開き直られても、それは違うだろうという観点からそう言っていました。

でもね、最近、来てくださる学生さんのほとんどが単なる書き方のハウツーとして定形文として捉えてしまっている気がするんですよね。

そうじゃないんだよなぁ。

短所は、自分でどう自覚して捉えているかを素直に書くことが一番でしょう。でも、その内容によっては直球表現がいいときもあれば、内容はそのままに言葉のチョイスを変えた方がいい場合もあるわけで。

要するに定形文として捉えることではないんですよ、と言いたいわけです。

支援する側としても、学生さんへどう伝えていくか再考しないとなと反省するこの頃であります。